読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

yukikunkun’s diary

V6おじさんについてあれこれ書いてます

自担

自担は言うまでもなく、岡田准一である。

 

友達にも宣言しているし、最近は健くんもめちゃくちゃすきで、健くんも好きになると剛くんも好きになる。まあ結局箱推しになるんですけど。

 

そしてある日たまたま面白いブログを見ました。自担について面白い考察を書いている方をみたので、私も少し考えて見ることにしました。

 

私は岡田くんのファンなのですが、美人期信者です。2004年のビジュアルが一番好きです。好きなのですが、最近の岡田くんはいつの間にかすきな岡田くんからはどんどん遠ざかっている気がしていました。でも、それは私が言えることではありません。もちろん、今も昔のビジュアルに戻って欲しいと思います。でもそれは私の押し付けだと気付きました。私が見たのはキンキの光一くんがすきな人のブログで、剛くんが光一くんを大切にしてあげてないという不満があったことを書いていました。要約を要約に重ねますが、つまるところ、私たちが思っていることはあくまでも他人事であり、決めるのは本人である、ということでした。

 

私も常日頃あの頃のビジュアルの岡田くんの方がかっこいいのに、と思っていました。もちろん彼が悩み、過ごして来た時代やコメントを見て、大変だなと思っているにもかかわらずです。でもそれは、他人である一ファンの感想でしかないのです。彼にこうあって欲しい、彼はこうあるべきだ。そんなものは知ったこっちゃないんです。彼は俳優を優先しています。10年は綺麗なままでいようと努力されていました。確かに2013年あたりまではギリギリセーフといった感じだと思います。でも、俳優というのは、岡田准一にとってはもう切っても切り離せないものです。もの、と言っていいのかは分かりませんが。そして、そのブログを見たことにより彼の苦悩を感じつつ知らんぷりをしていたなと思うようになりました。

 

確かに綺麗なままでいて欲しいし、その時代の彼に会いたいと思います。それは間違いのない事実です。しかし、ここで間違ってはいけないのは、いくらそうだと思っても押し付けてはならないということ。思うぶんにはどうぞいくらでも。迷惑をかけない程度に自己責任です。それを、あまつさえ本人へ押し付けるのはこれはマナーどころか人間性の問題でもあります。マナーというかなんというかって感じですけど。これは普通に生きていても同じですけどね。自分の意見ばかり押し通すことは、周りへの配慮も欠けますよね。

 

その方のブログを是非見てもらいたいのですが、リンクの貼り方もわからない上、どこの方のブログだったのか忘れてしまったので、今度から面白い、為になる記事を見つけたらリンクを貼ろうかなと思います。まだまだ未熟者ですね。思ったことは書いていくと思うのでそれは違うんじゃないか?とか思われたらコメントなどお気軽にお願いします。

 

ではでは。新曲すっごく良かったです。その話はまたいつか。